今日はちょっと別の話題。



オンラインゲームが流行するよりはるか昔

FCやSFCが主流の時代、今と違ってゲームも1本あたりの値段が高価で

FF6など1本あたり1万円を超えていました。

そんなゲームをコロコロ買い換えるわけにもいかず、飽きるほどプレイしていたわけですが

この時代売り出してしまえば当然アップデートなどという更新はありません。

売り出す前のバグチェックもしっかり。

致命的なバグは死活問題ですからね。

今と違って情報交換も人から人への伝聞が主流

噂が独り歩きすることもよくあったり。


一度クリアしてしまうとどうするか。


制限プレイ


どMの境地とでもいうべきプレイかもしれないが


アイテム使用禁止

魔法禁止

仲間入れない

武器制限



そういう自己満足の世界ですけども


楽しみの一部に、最速プレイ という遊びがあるのです。


最初は個人個人のやり方で楽しんでいたわけですが




現在、最速タイムにはTASが使われていますね



【TASとは】 1.Tool-Assisted Speedrun(ツール・アシステッド・スピードラン)
2.Tool-Assisted Superplay(ツール・アシステッド・スーパープレイ)


TASはアクロニムであり、上記(1)もしくは(2)の略とされている。

ゲームのエミュレータの機能に搭載されている機能を使い、実行速度のスロー化やコマ送り、QS/QLによる追記(やり直し)、メモリビューア(乱数など内部数値の覗き見)などを用いて(ツールアシスト)、実機で理屈上可能だが通常の人間のプレイではとても再現できないようなスーパープレイ映像を作りだすという意味合いがある。

"Speedrun"の文字の通り、一般的にはタイムアタックを目的として行われるが、ゲーム内にスコアがあるゲームではば"Scoreattack"(スコアアタック)を行っている動画もある。タイム短縮に影響を及ぼさない範囲では魅せプレイなどの要素を取り入れている場合もあるが、最速という目的を離れ魅せプレイをメインに据えるものはTAPと呼ばれて区別される場合がある(後述)。

クリアタイムの記録は、殆どの場合が「ゲーム起動」の瞬間から「最後の操作」の瞬間までの動画での時間である[※1]。ゲーム内のメモリ数値の強制変更等を含む「チート」とは別であり、理論上は実機でも再現可能ではあるが、人間の能力上で再現可能とはいえないものが殆どである。

なお、勘違いしている者も散見されるが、TASとはツールを使ってスピード(スーパープレイ)を追求する行為の事であり、必ずしも最速である必要はない。最速でない動画に対して「遅いからTASじゃない」と文句を言ったり「現行では最速なんだから遅くてもTASだろ」と擁護するのは誤りである。また、必ずしも後述のTASVideosの基準を満たしている必要もない(あくまでTASVideosへの投稿向けに定められた基準であり、ニコニコ動画への投稿とは無関係)。

ツールのアシストを受けず、実機で実時間の短縮を目標とするスピードランをリアルタイムアタック(RTA)と呼ぶが、こちらも細かい定義がありTASでなければ全てRTAというわけでもないため詳しくは当該記事を参照のこと。


ニコニコ大百科より引用






簡単に言うと

同じタイミングで同じボタンを押すと完全に同じ動作が再現されるという事です。

一見意味のない行動にも、敵と遭遇しないための行動や、裏ワザなど発動する

ための行動を取るなど。



一度クリアしてしまってもそういう楽しみがあるんですよね。



でも最短っていうのは答えがなくって

発売から20年以上も経って初めて初めて発覚するバグやなんかもあるんですよ





これなんてコメントみればわかると思いますが、今までの方法と大幅に変わった最短プレイなんですよ






まさかあのドラクエ5がこんなに早くクリアできるなんて・・・


途中から何してるか全然わかりません笑



オフラインで誰にも迷惑かけずに

お金も関連しないなら、バグや裏技を探すのは楽しいかもしれませんね


メイプルはそういうの難しいからな。





コメ返

ゆい>仕事なら1日8時間やらないと!






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

ねるろむ

Author:ねるろむ
めいぷるのブログ、元ぽぷらで活動していた

ねるろむ のブログです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター